ブログの作り方|ワードプレスでのブログの始め方

ブログを作るにあたっておすすめなのがワードプレスを利用することです。
ただ、初めてワードプレスでブログを作る場合、記事が書けるような環境を構築するまで苦労しがちです。

ドメインの契約やサーバーの契約、WordPressのインストールなど、よく分からない上にやることがたくさんあるからです。
そこで、最初の障壁となるワードプレスの導入の流れをご説明します。

ここでは、ワードプレスでのブログの作り方についてご紹介します。

 

関連記事 WordPressセキュリティ対策|プラグインと設定

関連記事 GoogleXMLSitemapsとは|設定方法とサーチコンソールへの登録

1.ワードプレスでのブログの作り方

ワードプレスでのブログの作り方は次のとおりです。

  1. ⅰ.サーバーの契約
  2. ⅱ.ドメインの契約
  3. ⅲ.ドメインとサーバーの紐づけ
  4. ⅳ.WordPressのインストール
  5. ⅴ.諸々の設定
上記のとおり、「サーバー」「ドメイン」「WordPress」が必要になるという点を意識しておきましょう!
最初はよく分からなくて時間がかかってしまうかもしれませんが、慣れてしまえば30分程度で設定できるようになります。

ⅰ.サーバーの契約

作成した記事をネット上で公開して誰もが見れるようにするためには「サーバー」が必要となります。つまり、ブログに関する諸々のデータファイルをWebサーバーに格納しておくことで、誰でもWebブラウザ(GoogleChromeやYahooなど)を通して記事を見ることができるようになります。

サーバーには様々な種類がありますが、その中でも特におすすめするのは「エックスサーバー 」です。

エックスサーバーでは月額1,000円程度(初期費用3,000円が別途かかります。)で利用できる「X10」プランがおすすめです。
なお、10日間のお試し期間があるので本格稼働する前に使用感を確認することができます。

ここでは「エックスサーバー」に関する契約の流れをご説明します。

  1. a.サーバーの申し込み
  2. b.料金の支払い

a.サーバーの申し込み

サーバーの申し込みの流れは次のとおりです。

  1. 申し込みフォームへのアクセス
  2. 申し込みフォームの入力
申し込みフォームへのアクセス

エックスサーバー」のホームページアクセスして[お申し込み]の[お申し込みフォーム]と進みます。

エックスサーバーの契約

そして[新規お申込み]と進みます。

エックスサーバーの契約

申し込みフォームの入力

申し込みフォームで「サーバーID(初期ドメイン)の設定」や「プラン[X10]の選択」、その他個人情報を入力して[内容の確認]→[お申し込みをする]で申し込みが完了します。

エックスサーバーの契約

申し込みフォームの入力にあたっての留意点は次のとおりです。

  • サーバーID(初期ドメイン)は後で変更できない
  • サーバーID(初期ドメイン)はエックスサーバーの管理画面にログインするときなどに使用
  • プランは3つの中で最も安い「X10」プランがおすすめ

エックスサーバーの契約

b.料金の支払い

お試し期間内に選択したプランの料金を支払うことで契約が完了します。
なお、お試し期間中に料金を支払っても10日間一杯のお試し期間は有効です。

料金の支払いの流れは次のとおりです。

  1. エックスサーバーの管理画面にアクセス
  2. お支払い伝票の発行
  3. 決済方法の選択
エックスサーバーの管理画面にアクセス

登録したメールアドレス宛に届く「【Xserver】■重要■サーバーアカウント設定完了のお知らせ[試用期間]」というメール内に記載されているインフォパネルの「会員ID」と「インフォパネルパスワード」を確認します。

エックスサーバーの契約

そして、エックスサーバーのインフォパネルにアクセスしてログインします。

エックスサーバーの契約

お支払い伝票の発行

決済関連項目の[料金のお支払い/請求書発行]と進みます。

エックスサーバーの契約

そして該当サーバーにチェックし、更新期間を選択して[お支払い方法を選択する]と進みます。

エックスサーバーの契約

決済方法の選択

「銀行振込」「クレジットカード」「コンビニ払い」「ペイジー」の中からお支払い方法を選択し、決済画面の指示に従ってお支払いを完了させます。

エックスサーバーの契約

これでサーバーの準備は完了です。

ⅱ.ドメインの契約

ドメインは世界に1つしか存在せず重複することはありません。このブログの場合「esperiding.com」がドメインです。

ネット上で公開されている記事に誰もがアクセスできるようにするには「ドメイン」も必要となります。

ブログの記事を見るためには数あるサーバーの中からデータが保存されているサーバーを指定しなければいけません。
そこで、世界に1つしかないドメインを指定することで、データが保存されているサーバーを指定しているのです。

つまり、URLの指定はサーバーを指定してデータをリクエストしているということなのです。

ここでは、安くておすすめな「お名前.com」でのドメイン契約の流れをご説明します。
なお、エックスサーバーの無料ドメインを取得される場合の流れは「エックスサーバーでドメイン無料取得|キャンペーンドメインでのブログの作り方」をご覧ください。

  1. a.ドメインの申込み
  2. b.ドメイン情報認証

a.ドメインの申込み

ドメインの申し込みにあたって次の点にご留意ください。

  • ドメインは早い者勝ち
  • 運用後のドメインの変更はしないつもりで決める(ドメインの変更は非常に手間)

ドメイン申込みの流れは次のとおりです。

  1. ドメインの検索
  2. 申し込み
  3. 個人情報の入力
  4. 決済方法の選択
ドメインの検索
お名前.com」にアクセスし、希望のドメインを入力して[検索]します。
ドメインの申込み
申し込み
「.com」「.net」「.jp」等からお好みのものにチェックし、サーバーの選択は「利用しない」を選択して[お申込みへ進む]と進みます。
なお、チェックできない場合、すでに他者に取られているため他のドメインを探しましょう。
ドメインの申込み
そして「登録年数」を選択し、また、[初めてご利用の方]を選択し、「メールアドレス」と「パスワード」の入力して[次へ]と進みます。
オプションで「Whois情報公開代行メール転送オプション」と「ドメインプロテクション」を加えることができます。
ドメインの申込み
〈Whois情報公開代行メール転送オプション〉・・・1ドメイン 300円/年 (税抜)
個人的には申し込む必要性を感じないので省略します。
〈ドメインプロテクション〉・・・1ドメイン980円(税抜)/年
設定・変更する場合に別途ドメイン登録者の承認が必要となり、セキュリティを強化することができます。
つまり、誤操作や第三者の不正アクセスによる意図しない操作を防止することができます。
私は申し込んでいますが、お好みでよろしいかと思います。
個人情報の入力
会員情報の入力項目に各種個人情報を入力して[次へ進む]と進みます。
ドメインの申込み
決済方法の選択
「クレジットカード」「コンビニ払い」「銀行振込」「請求書払い」からお支払い方法を選択して[申込む]でドメインの申し込みが完了です。
ドメインの申込み

b.ドメイン情報認証

登録したメールアドレス宛に届く「【重要】[お名前.com]ドメイン 情報認証のお願い」メール内のURLをクリックします。

ドメイン情報認証

ドメイン情報認証が完了すると次のような画面が表示されます。
ドメイン情報認証
これでドメインの準備は完了です。

ⅲ.ドメインとサーバーの紐づけ

上記で契約したドメインとサーバーの紐づけを行います。
この紐づけを行うことによって、記事のデータ等を保管しているサーバーが明確になり、アクセスできるようになります。

紐づけを行っていない場合、ドメインを含むURLを指定してもデータがどのサーバーに格納されているかわからず記事を表示することができません。
結果、エラー画面が表示されます。

ドメインとサーバーの紐づけは両側で設定を行う必要があります。

  1. a.ドメイン:お名前.com側の設定
  2. b.サーバー:エックスサーバー側の設定

a.ドメイン:お名前.com側の設定

ドメインを契約したお名前.com側では、サーバーを指定する設定を行います。

お名前.com」のログイン画面よりアクセスして[TOP]から[ネームサーバーを設定する]と進みます。

お名前.com側の設定そして対象ドメインにチェックし、[その他]を選択して[その他のネームサーバーを使う]にエックスサーバーのネームサーバーを設定して[確認]と進みます。

お名前.com側の設定

※エックスサーバーのネームサーバーは次の5つを順番に設定しましょう。
なお、エックスサーバー利用者は全員共通なのでコピーしてそのまま貼りつけで大丈夫です。

  • ns1.xserver.jp
  • ns2.xserver.jp
  • ns3.xserver.jp
  • ns4.xserver.jp
  • ns5.xserver.jp
最後に[OK]でお名前.com側の設定は完了です。
お名前.com側の設定

b.サーバー:エックスサーバー側の設定

サーバーを契約したエックスサーバー側では、ドメインを指定する設定を行います。

エックスサーバー側の設定の流れは次のとおりです。

  1. エックスサーバーの管理画面にアクセス
  2. ドメインの追加
エックスサーバーの管理画面にアクセス

エックスサーバー契約後に届いた「【Xserver】■重要■サーバーアカウント設定完了のお知らせ[試用期間] 」メール内のサーバーアカウント情報を確認します。

エックスサーバー側の設定

そして、エックスサーバーのサーバーパネルにアクセスしてログインします。

エックスサーバー側の設定

ドメインの追加

サーバーパネルにアクセスしたら[ドメイン設定]と進みます。

エックスサーバー側の設定

そして[ドメイン設定追加]からお名前.comで取得したドメインを入力して[確認画面へ進む]と進みます。

エックスサーバー側の設定

最後に[追加する]でサーバー側の設定は完了です。

エックスサーバー側の設定

ドメイン設定完了画面で「無料独自SSLの設定に失敗しました」と表示されている場合、後ほどご説明する「SSL設定」を追加で行う必要があります。
エックスサーバー側の設定

ⅳ.WordPressのインストール

ドメインとサーバーの紐づけまで完了したらいよいよWordpressをインストールします。

WordPressのインストールの流れは次のとおりです。

  1. a.対象ドメインの選択
  2. b.各種項目の入力
  3. c.インストール

a.対象ドメインの選択

エックスサーバーのサーバーパネル画面にある[WordPress簡単インストール]と進みます。

WordPressのインストール

そして、エックスサーバー側の設定で追加したドメインを[選択する]にて選択します。

WordPressのインストール

b.各種項目の入力

対象のドメインを選択したら[WordPressインストール]にて各種項目を入力して[確認画面へ進む]と進みます。

WordPressのインストール

なお、赤枠以外の箇所はそのままで大丈夫です。

c.インストール

あとは[インストールする]にてWordPressのインストールが完了します。

※2回クリックするとエラーが表示される可能性が高いので、1度クリックしたらしっかり更新されるまで待機しましょう!

WordPressのインストール

インストールが完了すると、ワードプレスのログイン情報やデータベースへアクセスするための重要な情報が表示されるのでメモを取りましょう!

WordPressのインストール

以上でワードプレスまでの導入が完了し、無事ブログを立ち上げることができました!

ドメインとサーバーの紐づけには時間がかかるため、おそらくこの時点では次のような画面が表示され、ブログにもワードプレスの管理画面にもアクセスできないかと思います。
無効なURL異常なエラーではなく通常発生するもので、30分~60分程度放置しておくことで無事アクセスできるようになっているはずです。

ⅴ.諸々の設定

ここからは、実際にブログを書き始めるにあたって事前に設定しておいた方がいい設定についてご紹介します。

運用後に変更すると非常にやっかいなことになる設定もあります。
ぜひ運用開始前に確認してみてください!

  1. a.SSL設定
  2. b.ワードプレスへのログイン
  3. c.WordPressアドレスとサイトアドレスの変更
  4. d.リダイレクト設定
  5. e.パーマリンク設定
  6. f.テーマの適用

a.SSL設定

「ⅲ.ドメインとサーバーの紐づけ」のエックスサーバー側の設定で、ドメインを追加した際に「無料独自SSLの設定に失敗しました」と表示された場合には次の手順によりSSLの設定を行います。

エックスサーバーのサーバーパネルにアクセスして[SSL設定]と進みます。

SSL設定

次に対象のドメインを[選択する]と進みます。

SSL設定

最後に[独自SSL設定追加]画面にて[追加する]を押すことででSSL化設定が完了です。
なお、「CSR情報(SSL証明書申請情報)を入力する」はチェックしないで進みます。

SSL設定

独自SSLの設定は反映されるまで時間がかかるので焦らず放置しておきましょう!

b.ワードプレスへのログイン

ワードプレス内の設定を行うためにWordPressにログインします。

エックスサーバーのサーバーパネルにアクセスして[WordPress簡単インストール]と進みます。

ワードプレスへのログイン

次に対象のドメインを[選択する]と進みます。

ワードプレスへのログイン

そして[インストール済みWordPress一覧]画面の[ダッシュボードへ]と進みます。

ワードプレスへのログイン

最後にログイン情報を入力して[ログイン]でワードプレスにログインすることができます。

ワードプレスへのログイン

c.WordPressアドレスとサイトアドレスの変更

この設定は「SSL設定」を行っている場合に限り変更してください。

ワードプレス管理画面の[設定]の[一般]と進みます。

WordPressアドレスとサイトアドレスの変更

そして、一般設定の「WordPressアドレス(URL)」と「サイトアドレス(URL)」に関して「http://○○」から「https://○○」へ変更して画面下の[変更を保存]で完了です。

WordPressアドレスとサイトアドレスの変更

d.リダイレクト設定

「http://○○」にアクセスした人も自動的に「https://○○」にアクセスされるようにし、また、URLの統一化を図るためリダイレクト設定を行います。

なお、ここで編集する「.htaccess」ファイルは非常に重要な内容が記述されています。一部でも間違って消してしまうと記事が表示されなくなってしまうため慎重に扱うようにしましょう!

リダイレクト設定の流れは次のとおりです。

  1. 対象ドメインの選択
  2. 「.htaccess」の編集
対象ドメインの選択

エックスサーバーのサーバーパネルにアクセスして[.htaccess編集]と進みます。

リダイレクト設定

次に対象のドメインを[選択する]と進みます。

リダイレクト設定

「.htaccess」の編集

対象のドメインを選択したら[.htaccess編集]画面に下記コードを追加して[確認画面へ進む]と進みます。

リダイレクト設定

次のコードをそのままコピーして「#BEGIN WordPress」より上の位置に貼り付けましょう。

<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteCond %{HTTPS} off
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R,L]</IfModule>

最後に[実行する]でリダイレクト設定が完了です。

リダイレクト設定

e.パーマリンク設定

パーマリンクはURLのことを指しています。
ドメインパワーなどの評価はURLに紐づいているため、後で変えてしまうと評価がリセットされてしまいます。

これは非常にもったいないことなので、初めにパーマリンクを決定しておきましょう!

ワードプレス管理画面の[設定]と[パーマリンク設定]と進みます。

パーマリンク設定

そして共通設定でお好みのパーマリンクを設定して[変更を保存]で完了です。

パーマリンク設定

ちなみに、私はカスタム構造の「%post_id%」を選択しています。

パーマリンクは英語表記がおすすめです。パーマリンクを日本語表記にすると文字化けによってURLが意味不明な記号の羅列になってしまうことがあります。

f.テーマの適用

テーマはワードプレスで選択する「テーマ」のことです。
適用するテーマによって次のような点に影響があるため非常に重要な選択となります。

  • ワードプレスのカスタマイズのしやすさ
  • 訪問者から見たブログの見栄え
  • SEO対策
  • 一度運用開始すると後で別テーマに変更するのが大変

一度決めたテーマで走り始めると、後で別テーマに変えるのが非常に大変です。
また、ブログの見栄えやSEO対策は、ブログ収入を考えている方にとっては稼ぎに直結する重要なポイントです。

テーマは「無料テーマ」と「有料テーマ」が用意されていますが、初心者の方ほど上記ポイントを抑えている有料テーマの使用をおすすめします。

実際、私は当ブログでも利用している「THE・THOR(ザ・トール)」という有料テーマを気に入っており、無料テーマとの違いに非常に驚かされました。

ここからは、テーマの適用方法についてご説明します。

テーマを提供しているサイト等からZIPファイルをダウンロード

※この例では「the-thor.zip」が親テーマファイル、「the-thor-child.zip」が子テーマファイルになります。

テーマの適用方法

ワードプレスの[外観]の[テーマ]と進みます。

テーマの適用方法

次にテーマの[新規追加]と進みます。

テーマの適用方法

そして[テーマのアップロード]を選択します。

テーマの適用方法

[ファイルを選択]でテーマのZIPファイルを選択して[今すぐインストール]と進みます。

テーマの適用方法

最後に[有効化]でテーマの適用が完了です。

テーマの適用方法

無料テーマも有料テーマも基本的には「親テーマファイル」と「子テーマファイル」の2ファイルがダウンロードされます。
最終的に「子テーマファイル」が有効化されるよう「親テーマファイル」⇒「子テーマファイル」の順にWordPressにインストールしましょう。

2.まとめ

以上、ブログの作り方|ワードプレスでのブログの始め方についてでした。

慣れてしまえば簡単ですが、初めはわからないことだらけで疲弊してしまうかと思います。
1つずつ潰していけば確実にブログを作ることができるようになりますので諦めずにはじめてみてください!

それでは、ワードプレスでのブログ作成を楽しみましょう!

Twitterで更新情報などつぶやいています!